volatile void

旅行や写真などの記録。考えたことを忘れないように

フランス・ストラスブール旅行記

この前の旅行で、ノルウェーで旅行プランを完全に立て直した際に1日日程を空けて、フランス・アルザスのストラスブール(Strasbourg)まで足を伸ばしていました。

 

ストラスブールはドイツのと国境よりなので、フランクフルト国際空港からバスで移動しました。

この日はトロムソからの移動だったので、時差がないにもかかわらず10時間ほどかけて数千kmの移動になりました。

 

空港からは現地の高速バスを利用したのですが、元日だったこともあってか、200kmほど離れているのに8ユーロ(1000円弱)という、安すぎて若干怖いくらいのバスでした。

 

f:id:scior:20200218015122p:plain

 

ストラスブールの観光はこれといった決まったスポットがあるわけではなく、街全体が古めかしい建築でできているので、全体を歩いて回るのがおすすめです。

f:id:scior:20200304015756j:plain

ドイツとの国境付近なので、様々な様式の建物が合わさって街ができています。

 

駅から、川の中洲になっている中心部に歩いていきます。

f:id:scior:20200304015815j:plain

f:id:scior:20200304015844j:plain
 

駅から30分ほど歩いたところに、ストラスブール大聖堂があります。 

 

今回はあまりお店には立ち寄らなかったのですが、この辺りはお土産屋やレストランがカフェなどが多くありました。

f:id:scior:20200304020030j:plain
かなり大きくて、広角レンズでぎりぎり収まるくらいのスケールです。

 

中洲の反対まで行くと、観光客が反対側から多く歩いてきたので、ツアー客はこの辺りからスタートするのかもしれません。

f:id:scior:20200304015825j:plain

 

アーチ状のストラスブールの駅舎です。帰りは高速列車で帰りました。

f:id:scior:20200304015743j:plain

今回も天候に恵まれなかったのですが、冬のノルウェー・ロフォーテン諸島はリベンジしたいと思います。

フランスも、パリはまだ訪れたことがないので、機会があれば巡ってみたいです。